ウーマン

行政書士の資格を取得すれば書類作成のスペシャリストになれる

このエントリーをはてなブックマークに追加
相談

幅広い分野で活躍できる

医療機関や福祉施設など様々な分野で活躍できるのが言語聴覚士です。現在、言語聴覚士の需要性が高くなっており人気の高い職業となっています。基礎的な勉強や専門的な勉強は、養成学校で学ぶことができます。

メンズ

保育の資格を取る

保育士は厚生労働省が管轄する国家資格です。この資格は、資格試験を受験して合格するか、監督官庁が認めた保育養成過程を持つ大学や短大、専門学校を卒業することで取得できます。また、幼稚園教諭免許状を持っている人は資格試験の受験に際して優遇されています。

文房具

将来を見据えよう

保育士の資格は大学に進学して取得しましょう。それが一番の近道です。一般的には教育学部で取得できるようになっています。余裕があれば、別の関連資格も取得してしまいましょう。そうすれば、将来の選択肢の幅が広がります。

書類作成に精通した専門家

メンズ

暮らしやビジネスを支援

行政書士はいわゆる独立開業系の国家資格ですが、一般企業に就職する際にも自分の能力をアピールできる資格として人気があります。行政書士の行う業務は大きく分けて2つあります。1つは、官公署に提出する各種書類の作成や提出を代行することです。ここでいう書類には、弁理士や司法書士、税理士など、他の国家資格所有者が独占的に作成できるものを除いたあらゆる文書が含まれます。個人が行う各種の届出や申請、法人が行う事業免許や助成金の取得に必要な手続きなど、生活やビジネスに直結した重要書類を多数扱います。もう1つは、権利義務や事実証明に関する書類の作成代行です。これには契約書や念書、協議書、借用証書などさまざまな種類の書面が含まれます。

学習方法は多種多様

行政書士は前述の通り非常に応用範囲の広い資格であることから人気が高く、国家試験には毎年5〜8万人程度の申込者があります。合格率も10パーセントを割る年があるなど、かなりの難関として知られています。行政書士試験に受験資格の制限はなく、年齢や学歴に関わりなく誰でも受験できます。人気の高さゆえ学習方法も多種多様で、通学制のスクールや通信教育、市販の参考書等を利用しての独学など、さまざまなアプローチが可能です。行政書士の有資格者は、自ら行政書士事務所を開業することができます。複数の行政書士が共同で事務所を開設する場合は、法人格を取得することも可能です。また、その専門知識を生かして一般企業の総務部門や法務部門で活躍している人も少なくありません。