男の人

行政書士の資格を取得すれば書類作成のスペシャリストになれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

幅広い分野で活躍できる

相談

養成と就職

言語聴覚士を養成する学校には学歴等によって様々なものがあります。高卒で入学できる学校、大卒者を対象とした学校、大学等で指定科目を履修した人を対象とする学校などがあり、それぞれ就学期間等も異なります。言語聴覚士はリハビリテーションの専門職であるため、養成学校では基礎医学から専門分野まで幅広く学びます。就職先としては病院をはじめとする各種医療機関のほか、福祉施設におけるリハビリテーションのほか、児童の発達支援などに携わるなど活躍する分野も幅広いです。リハビリテーションの対象者が幅広いことと、様々なニーズがあるため相談支援に関する技術も必要とされ、特に福祉施設で働く場合においては社会福祉士や精神保健福祉士などといったソーシャルワーカーとの連携を行う場合も多いです。このように言語聴覚士の職域を事前に知っておくと、どのような活躍の可能性があるかを考えた上で進路を選ぶ幅が広がるでしょう。

高まるニーズ

言語聴覚士のニーズは様々な分野で高まっています。児童の分野であれば、発達に課題のある子どもの発達支援やリハビリテーションにおいてニーズがあります。言語面はもとより、発達全般を見渡す専門性を有していることは一つのアピールポイントになるでしょう。脳血管疾患による嚥下(飲み込み)の障害や失語症においては身体機能面に着目したリハビリテーションだけでなく、家庭生活を送る際に必要な日常生活動作の訓練を行うことができます。介護を必要とする高齢者や、介護予防を試みている高齢者に対しては、言葉や口腔機能に関するリハビリテーションの専門性を活用して訓練を行うこともできます。このように言語聴覚士は幅広い年齢層や疾病・障害を対象にできることから人気が高い職種の一つです。そのことから、言語聴覚士の養成学校も人気の進路の一つとなっています。